見習いたい諦めの悪さ

人のために尽くすというのは、難しい。

助けることは叶わない。それは道理。

でも、できるだけのことをしてあげる人がいる。

「助けて」と言われたら断れない。

ふつうは直感的に「だめかも」と思うし、ふつうは助けない場合でも。

頼られたら、尽くさずには居られない人がいる。

そして、やっぱり駄目だったりして、がっかりとする。

あまつさえ、世話をしたその人のせいにされたりする。がっかりする。

報われない。

何度となく繰り返し。繰り返し。繰り返し。

またがっかりじゃないの?

でも何度でも。「助けて」という言葉を断れない。

ひとは学習能力がないと嗤うのだろうか?

這いずり回るのを嗤うのだろうか?

自己満足と罵るだろうか?

そうじゃない。

結果よりも行為に価値がある。

「尽くす」とは、つまりそういうことなのだ。

何も言えない。

ただ認めるしかない。

そんな、見習いたい諦めの悪さの話。