友達の友達は他人

なんていうか、気を使われてる感に、堪えられないこともある。

なかやまは、「友達の友達は他人」というタイプだ。

そんなことを公言はしないし、できるだけ笑顔で仲良くしようとふるまうけれど。
本当に仲良くなるかは、残念ながらわからない。

ていうか、友達が友達と笑顔で笑いあっていると、自分に対して「要らない子感」を感じてしまう。あぁ、俺ってその程度の価値しか無いんだ、みたいな。

添え物感。誘ってくれた気遣われた感。居ても良いよ感。お客様感。
そういう感じが、たまらなく耐え難くなる。

なんだかそれが嫉妬のように感じてしまったなら、己の狭量さに自己嫌悪で苦しむことになる。

そういう場合に人数が多いと、同じように疎外感を感じて孤立してる人とか居る。

「ははは・・・なんだか、みんな楽しそうですね」

「ははは・・・そうですね」

なんてことはない。「友達の友達は他人」という同士の、中身のない会話。

でも、そうした共感から友達になった友達は、あんがい本当の友達になったりする。

本当の友達とは、よくわからないけれど。

「友達の友達は他人という同士は友達になれる」

そんな話。