活動の明確化(妄想)

体験!

社会の中では、楽しいこと嬉しいこともあれば。
喧嘩して怒ったり悲しいこともある。
相手が悪いときもあれば、自分が悪いときもある。
自己嫌悪。他人に迷惑をかけたくない。
嫌われるのはつらい。
だから、はじめから関係を持たなければいい。

だから、そういう面倒を捨てるために孤独を選んで、ひきこもった。

人と関わり合いを持ちたくない。
迷惑かけずに、はやく死にたい。

でも。
いつか死ぬんだから。
ちょっとだけ、やりたいことをやってみない?

・・・少しだけなら。

そんなふうに思える活動を考えてみる。


交流会・勉強会・講演会

悩んでいることを皆に聞いてもらいたい。
みんなが悩んでいることを聞いてみたい。
どうすればいいのか。
詳しい人の話を聞きたい。
そんなことを考える機会になる活動。

訪問活動

孤独では、独りでは笑えない。
誰かがいて、笑いは成立する。
だから、孤独ではなく、つながっていく活動。

体験支援・同行旅行

つながりを持てたら、その中でなにかをする。
とりあえず、外に出ることから始める。
いっそ旅行に出かけて、違う景色を体験する活動。

親との仲介

家族とは、社会の最小単位だ。
そして当事者と親は、一番近くの他人だ。
互いの人権を尊重するために、公共の福祉は守られなければならない。
互いを守るためにどうすればいいか。
気持ちや経済面と福祉サービスを織り交ぜて提案を考える。
公共の福祉を守る範囲で、当事者と親の意思と決定を尊重する。
話し合う機会を設ける活動。

居場所:外泊

当事者が家から出て、知らない場所で過ごす。
ドキドキする。いつもと違う体験。
場所を変えたなら、きっといつもと違うことも考える。そんな活動。

居場所:ルール

強制はしない。してもいいし、しなくてもいい。
でも誘うのはオッケー。参加したくなったら参加してオッケー。
互いに相手を尊重する。「──であるべき」などは禁止。
基本笑顔。無理なときは手をふるなど肉体言語を使う。

居場所:当事者の親が集まれる場所を併設

当事者と分けた部屋を用意して。
当事者の親が集まって相談や雑談や考えを話し合う場所を作る。
そんな活動。

居場所:仲間と同居

独りを選べるけど、他の人もいる。
見ているだけでいい。少し話しても良い。
体験談を聞いてると、話したくなる。そんな活動。

居場所:役割分担:共同生活体験

みんなで掃除洗濯、買い物や料理を分担して生活している。
参加しなくてもいいし、参加してもいい。
集団に参加することで嬉しさを覚える。そんな活動。

居場所:創作活動

絵を描く、陶芸をする、パズルをする、粘土で何かを作る。プラモ作る。
ひとりではなく、みんなですることには意味がある。
認められたり、認めたり。飾ったり。写真撮ったり。
暖かさや、やりがいを感じる活動。

居場所:イベント

皆が作ったものを展示会したり、交流会をする。
体験談を発表したり、考えを発表したりする。
旅行に行きたいところなどを話し合う。
企画して実際に実現していけるように皆で協力する活動。

居場所:就労技能習得支援

パソコン使ってみる。スマホ使ってみる。教わったり、教えたり。
ワードやエクセル、パワーポイント。
フォトショップやイラストレータを触る。
ゲームを作ってみる。AWSやGASなど最新の知識を養う。
居場所で行うイベントの企画を書いたりチラシ作ったり。
Kindleの読み放題を利用してたくさんの書籍を読むことが出来る。
愉しくやりたいことを形にするための支援をする活動。

子育て支援員研修受講のススメ

独身で関係ないようでも、人権や福祉の知識はとても役に立ってます。
様々な福祉の現場への就職が可能となるので、就職の選択肢も広がります。
行くだけなので、やる気があればどうにかなります。
社会との関わりを見直すことが出来る、そんな活動のススメ。

くらしのサポーター講習受講のススメ

生活の中には様々な罠に引っかかり苦しんでいる人々がいる。
それを知り、手口を知り、人を助ける知識を得る。
それは自分を助ける知識にもなる、そんな活動のススメ。

人材バンクへ登録のススメ

自分のできることを登録して、必要としている人の力になる。
収入なんて期待できない。
でも感謝されて対価が得られる場合もある。感謝できる。
それは活動の幅を広げる手助けになる、そんな活動のススメ。

就労体験

農園や子ども食堂。就労支援施設体験。
いろんな仕事場へ行って体験をする活動。

ボランティアへの参加

なぜ、ただで働くのか。
なぜ、みんな笑顔なのか。
そういう体験をしてみる活動。

一人旅体験

一人でどこかへ行く計画を自分で作る。
行くか行かないかは、本人が決める。
行って帰ってくるだけでいい。いってみよう。
自信につながるような、そんな体験をする活動。

本を書く

自分の体験談や思っていること、伝えたいことを書く。
一人で一冊でもいいし、みんなで持ち寄って一冊にしても良い。
強制はしないから、書いてもいいし、書かなくてもいい。でも誘うのはオッケー。
書いていると自分の考えがまとまっていく。
売って購入されれば、たとえ一冊でも自然と感謝できる。
収入は期待できないけれど。
自己啓発や自己肯定感や達成感を体験をする活動。


欲張りすぎだろうか?

でもまぁ、描くのは自由だから。

なにはともあれ。

一生の友だちができるような。そんな活動でありたい。