技能を習得するコツ

例えば。

  1. 人が「歩く」を覚える時は、歩いている人を見て歩いている姿を覚える。
  2. 次は、真似て「歩く」をやってみる。失敗しても何度でも繰り返す。
  3. 歩けた場合を覚えて、それを何度でも出来るように失敗しても繰り返す。
  4. 歩いたイメージを体に覚え込ませる。
    (あ、こういうかんじか、というイメージが出来る)
  5. 歩けるようになる。

自転車も。

  1. 他人が自転車に乗っているのを見る。
  2. 真似して乗ってみる。コケるけど何度でもやる。
  3. 乗れた感じを覚えて、それが何度でも出来るように失敗しても繰り返す。
  4. 乗れた感じを体に覚え込ませる。
    (あ、こういうかんじか、というイメージが出来る)
  5. 自転車に乗れるようになる。

絵を書くことも。

  • 描かれている絵や、描いている人を見る。
  • 真似して描いてみる。失敗しても何度でも描く。
  • うまく描けた感じを覚えて、それが何度でも出来るように失敗しても繰り返す。
  • 描けた感じを体に覚え込ませる。
    (あ、こういうかんじか、というイメージが出来る)
  • うまく描かけるようになる。

企画書も、パソコン操作も、スマホ操作も、DIYも、なにもかも。

何度でも繰り返し練習して。挑戦して。見て覚えて。挑戦して。
失敗しても、失敗しても、失敗しても。
少しの成功を積み上げて、成功を増やしていく。

なんでもおなじ。

そして、それは赤ん坊のときに、みんながやったこと。

だから、なにも考えないでトライを続けることが大事。

できるのが早い人もいるし、遅い人もいる。

でも、気にしないで自分のペースで。

なにも考えないでトライを続けることが大事。