より実践的な技能を習得するコツ

どれどれ

企画書作成スキルも、文章力も、プログラミングも。
パソコン習得も、スマホ習得も。

新しく技能を覚えたいとき、まずやること。

習得したい技能の入門書や解説書を、とにかく濫読(らんどく)することです。

様々な人の成功体験やアドバイス、例文や、参考などを、わけへだけなく。

いろんな本を濫読します。

覚えなければとか身構えなくていいです。読んだ冊数で勝負します。

いっそ読もうとか考えなくていいです。(極論)

ただ、目に止まった言葉や画像には目を留めて、じっくりと読んだり見たりします。

そうやってとにかく「仕事として求められている」例文や例題を目にします。

そうしているうちに、なんとなく「こうかな?」のようなものが出来てきます。

要するに、新しいことを学ぶ時に必要なこととは、
自分の中に「仕事として求められている成功イメージ」を作ることなんです。

昨今話題の「AI(人工知能)」とかでいうところの、ディープラーニングのようなものです。

「AI」は数万という単位の事例を読み込んで「なんとなく」の正解を得て、判断できるようになります。

その仕組みは、人間の脳の構造「ニューラルネットワーク」を参考にして作られたものです。

様するに、人間の脳も人工知能と同じく、多くの事例を読み込むことで「成功イメージ」を作ることが出来るというわけです。

企画書や書類作成、プログラミングなど、なんでもそうですが、成功事例から自分の中に「こういうことかな?」という正解が頭の中に出来たら、けっこうスムーズに雇い主の要求を満たす正解を作れるようになります。

要領の良い人はそうした「要求されている仕事のイメージ」を作るのが上手くて速いんです。

成功例が頭にないと、どうすれば正解になるのか判断できないので、雇い主が求める要求を満たせなくて、対価を得られません。

評価の高い成果をだすには、まず成功例や正解例である入門書・解説書を濫読(らんどく)。

イメージができたら、失敗を恐れず練習あるのみ!

不安になったたら?また入門書・解説書を濫読。

その繰り返しです。