活動に関連する用語など

Wiki

引きこもり – Wikipedia
引きこもり(引き籠もり、ひきこもり、英語表記 hikikomori)とは、仕事学校に行けずに籠り、家族以外とほとんど交流がない人の状況を指す。現時点では、日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている。また内閣府は引きこもりの実態を把握するために、若年層(15歳~39歳)を対象にしてきた調査を長期化する人が増えていることから、2018年12月、中高年層(40歳~64歳)を対象とする初めての調査を行い、中高年層における引きこもりの人は、推計で61万3,000人に上り、若年層で推計した54万1,000人より多くなっている。
もともと「引きこもり」という言葉は、「引きこもる」状態を指す。つまり同じ場所にじっといて出てこない様子のことである。

8050問題 – Wikipedia
8050問題(はちまるごーまるもんだい、はちじゅうごじゅうもんだい)とは、2010年代以降の日本に発生している長期化した引きこもりに関する社会問題である。
引きこもりの若者が存在していたがこれが長期化すればも高齢となり、収入に関してや介護に関してなどの問題が発生するようになる。これは80代の親と50代の子の親子関係での問題であることから「8050問題」と呼ばれるようになった。該当している親子の親には収入がなくなっている状態であり、様々な理由から外部への相談も難しく、親子で社会から孤立した状態に陥っている。

パラサイト・シングル – Wikipedia
パラサイト・シングル(Parasite single)とは、「学卒後もなお親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している未婚者」のことである。
パラサイトは「寄生虫」、シングルは「独身」の意味であり、当時東京学芸大学助教授であった山田昌弘によって提唱された造語概念である。学卒後は親に依存していなくても、学卒前までに親や祖父母等から過剰な贈与や財産分与(相続を除く、ただし親・兄弟の配慮で本来の相続分を大きく越える額をもらった場合は含む)を受けた場合もこれに含まれる。単に「パラサイト」と呼ばれることもあり、「パラサイトする」などと動詞化して用いられることもある[2]
2014年には、こどおじ子供部屋おじさん)という造語が新たに2ちゃんねるで提唱され、2019年にネット上で流行した[3][4]

自宅警備員 – Wikipedia
自宅警備員(じたくけいびいん)とは、引きこもりニート、自宅に(誰とも関わらずに)ずっと居ることを意味する日本インターネットスラングである。
他には、「ホームガーディアン(自宅警備員の直訳?)」「一級在宅士一級建築士)」「代表戸締役社長代表取締役社長)」「職務放棄員」「閉鎖空間の神人」「内交官外交官)」などを名乗っている人もいるという。また、実際に病気や引きこもり等の問題があるわけではなく、単に「自宅で誰とも関わらずにいた」という意味で使用される場合もあるとされている[2]
自宅警備員の「任務」として、自宅の警備に加えてインターネット検閲や維持、コンビニエンスストアまでの道のりのパトロールなどがあり、日勤より夜勤を選ぶ者が多い、過酷な勤務であるにも関わらず賃金が低い、などとして語られることがある。

人権

人権 – Wikipedia
人権(じんけん、human rights)とは、単に人間であるということに基づく普遍的権利。「対国家権力」または「革命権」から由来している。ブルジョア革命(資本主義革命)によって確立された権利であり、「近代憲法の不可欠の原理」とされる。

子どもの権利 – Wikipedia
子どもの権利は、子どもが持つ人権のことである。そこには親や保護者との適切な関係性を保持する権利、基本的な食事の必要を満たす権利、教育を受ける権利、保護とケアを受ける権利、子どもの年齢と発達の度合いから見て適切な刑事法の適用を受ける権利、人間としての独自性を発揮する権利などが含まれる。
「子ども」の語は必ずしも未成年を意味しない。1989年11月20日に国連総会で採択された「児童の権利に関する条約」によれば「児童とは、18歳未満のすべての者をいう。ただし、当該児童で、その者に適用される法律によりより早く成年に達したものを除く」とある。また、大人に扶養されていない子どもやアダルト・チルドレンを含むことがある。

子どもの権利と青年の権利の違い
「例えば大半の法制度では、子どもが投票すること、結婚すること、アルコールを買うこと、セックスをすること、労働に従事することは認められていない」[13]
育児と子どもの権利
親は独特の仕方で子どもの生活に影響を与える。子どもの権利における親の役割も、独特の仕方で区別されなければならない。親と子の関係における特有の問題は、子どもを無視すること、子どもを虐待すること、選択の自由、体罰、子どもの養育の問題である[16][17]

公共の福祉

公共の福祉 – Wikipedia

現代社会|公共の福祉とは?|中学社会|定期テスト対策サイト

公共の福祉」とは,「社会全体の共通の利益」であり,「ほかの人の人権との衝突を調整するための原理」です。
この「公共の福祉」という言葉は,日本国憲法の中で使われています。 日本国憲法では,基本的人権が保障されていますが、これらの権利をすべての人が勝手に主張したら,ほかのだれかの基本的人権を奪うことになってしまうかもしれません。
このようなことを防ぐために,日本国憲法は第12条の後半で定めています。

法律入門講座「憲法【基本的人権の限界】」ークマべえの生涯学習大学校ー

義務 – Wikipedia
義務(ぎむ)とは、従うべきとされることを意味する。義務の根拠としては、理性道徳倫理宗教、法制度(法令・契約など)、慣習などが挙げられる。義務に反した場合には、制裁があるとされる。制裁には、内面的・物理的・社会的なものがある。

みんなのメンタルヘルス

疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail.html

障害者 – Wikipedia
障害者基本法の障害者の定義で、障害者は、「身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む。)その他の心身の機能の障害(以下「障害」と総称する。)がある者であつて、障害及び社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるものをいう。」とされている。各種の法整備がすすみ、従来であれば障害者に含まれない者についても、障害者の対象とされている。

障がい者のイメージは大きく変わって、公言してもなんら恥ずかしいものではなくなっています。

発達障害

発達障害 – Wikipedia
発達障害(はったつしょうがい、: Developmental disability、DD)は、身体や、学習言語行動の何れかにおいて不全を抱えた状態であり、その状態はヒトの発達期から現れる。原因は先天的である事が殆どで、発達の遅れに伴う能力の不足は生涯にわたって治る事はない。大抵の場合、患者自身のコミュニケーションパターンが稚拙であるため、人間関係で問題を抱える事になる。
厚生労働省で開催された、2005年3月の第3回「発達障害者支援に係る検討会」では、定義について検討している。
日本の発達障害者支援法(2005年4月制定)によれば、第2条1項で『この法律において「発達障害」とは、自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるものをいう』とされる。2項で発達障害者、18歳未満では発達障害児と定めている。

発達障害を理解する:発達障害とは – 発達障害情報・支援センター

大人の発達障害とは? | 精神科・神経科 | 心療内科・精神科の医療法人和楽会

発達障害とは?発達障害の分類・症状・特徴・診断方法はどのようなもの?【LITALICO発達ナビ】

【セルフチェックポイント】
自己判断はせず、あくまで気づきのレベルでご活用いただき、当てはまる項目が多い場合や気になることがある場合は、専門機関に相談しましょう。
□ 座って話を聞かなければならない場面で席を立ってしまい、話を聞いていない、または注意してもおしゃべりがとまらない
□ 流暢な話し方ができる上、難しいことも知っている場合もあるが、一方的でコミュニケーションが取れずに孤立しがち
□ 急な予定変更があった場合などに不安感が大きく、混乱した様子がみられ、パニック状態になってしまう
□ 落ち着きがなく、集中力が持続できないことが多いが、ひとつのことに没頭し始めると話しかけても反応できない
□ 忘れ物や失くしものが多く、毎日繰り返していることでも支度ができなかったり、整理整頓や片づけが極端に苦手
□ 感覚が敏感で、大きな音や揺れが極端に苦手で、肌触りなどから着たがらない服があったり、手を繋ぎたがらない
□ 舌の感覚や嗅覚、味覚も敏感で偏食
□ 運動の調整や力加減が苦手で乱暴に思われてしまったり、逆に体がクニャクニャとしている
□ 極端に不器用であったり、筆圧が弱く、指先がうまく動かせずに大きくなっても食べこぼしが目立つ
□ 同級生に比べて頭の回転が速い場面もあるが、特定の学習において極端に困難
□ イライラしやすく、感情が高まると、なかなか興奮を抑えきれずに手が出てしまったり、パニックになる

発達障害と社会

発達障害を持つ者は協調性に欠けていることが多く、社会的孤立について高いリスクを負っている。通常、発達障害者は文脈の理解が苦手で、悪気なく自己中心的な行動を行うため、周囲との協調が取れず社会生活に困難を来たすことが多い。あるいは、周囲に対して挑戦的な態度を取り、信頼関係を破壊してしまう。また、会話も単発の受け答えで終わる事が多く、雑談を継続できないため、仕事以外での情緒的な繋がりの維持も困難である。周囲からの指摘を繰り返し受けても、発達障害者は何が問題であるか理解できず、行動を改善しないため、周囲は発達障害者に対する評価を大幅に下げ、徐々に関わりを持たなくなって行く。周囲との協調が行えないことから、発達障害者はいじめに遭い不登校になるか、そうでなくても、社会人になった途端に認識の漏れや乖離が多いという点で問題社員として扱われ始め、左遷や解雇などで行き場を失う事が多い。しかし、発達障害者は自身の障害を認めない傾向が強く、障害の事実を隠蔽したり、転職を余儀なく行う場合でも似たような職業を選択する傾向にあるという。また、何度も挫折する事で引きこもりに至る事もある。大まかな職業適性として、情報システム開発などのモノ作りの技術には非常に優れる場合が多いが、ヒトを扱う能力を測る管理職試験には合格しない事が多いと報告されている。

発達障害には、身近な人の理解が必要です
発達障害は日本ではまだ理解されにくく、本人だけでなく家族も悩んでいることが多いのが現状です。身近な人が発達障害を理解し、支援していくことが、本人が自信につながってゆきます。

発達障がいのある人たちへの支援ポイント「虎の巻シリーズ」/札幌市