代表理事挨拶

関係者各位

エスポワール高知(代表理事)山本美香

皆さん、おげんきですか?
九州熊本地区など多くの土地の豪雨と河川の氾濫で、大変な被害ですね。
はやく復興することを祈るばかりです。

さて、この度、私事ですが、2020年3月末をもちまして「やいろ鳥の会」から退会致しました。

ですから今はやいろ鳥の会の役員ではありません。

8年近くお世話になったことは、とても感謝しています。
やいろ鳥の会の当事者、親、の多くの方との出会いがあり、悩みを語り合い、慰め合う日々を遅らせてもらったのですから、ありがたかったと思っています。

そして2年ほど前に「高知若者を元気にする会」を立ち上げました。
この会の親の学習会で良い結果を出された家族もありましたが、私が知る大多数は、取り残されて、引きこもり年数が増えていくばかりでした。私はこの状況に心が痛みましたので、より積極的に訪問活動をとおして生活支援、仕事体験をすることに重点を置く活動をしました。

ですからこれが「高知若者を元気にする会」の原点です。
この訪問活動は、山田孝明氏に同行をお願いし、様々な状態で悩んでいるご家庭の実態を見ました。
とても難しい活動であることも分かりました。
時間とあらゆる心をくだく工夫がいることも分かりました。
今、確実に親も当事者も高齢化が進んでいます。

さて、
今年度4月からスタートした高知県ピアサポ事業の件ですが、前任の井上主幹が、くれぐれもこの事業支援金は「当事者と親のため」に活動費として使ってくださいと言われた言葉が、いまだに耳から離れません。

ですから、役員の方々で一人年間60万円づつ受け取るという施策には、当然納得できませんでした。・・・そこで私は、この高知県ピアサポ事業から、自分の意志で引かせてもらうことにしました。

ですから、今、私は「エスポワール高知」として再出発させていただきます。
2020年7月14日現在、公証人役場で「定款」の認証を受けました。
法務局で法人手続きの準備中です。

皆様ご理解の程、ご協力よろしくお願い致します。